ベルタ 葉酸 飲み方

ベルタ葉酸の効果的な飲み方とは【今日から始める妊活サプリ】

ベルタ 葉酸 飲み方

ベルタ 葉酸 飲み方

ベルタ葉酸の前に、まずは普通の葉酸とその効果とはなにか

老若男女問わず、誰もが摂取しなければいけない水溶性のビタミンの一種の事。生命を司っているといっても過言ではないかもしれません。主な働きでいえば私たちの体の中に流れる血液を作り出すサポートをしています。

 

血液を作り出すのは葉酸だけではありません、水溶性ビタミンの造血仲間「ビタミンB12」と共に役割分担をして生命を管理してくれています。主にビタミンB12は葉酸が代わりを担う為、普段は葉酸が中心的な働きをしています。

 

それではこの葉酸が不足するとどのような事が発生してくるか。それは我々の遺伝子レベルの調整や、血液などの代謝に関わっている為に、体に異常が発生します。貧血です。

 

悪性貧血と呼ばれるものや、脊髄中にある赤血球が出来る前の段階の血液細胞に異常な形が発生することが特徴の、いわば生命の中心部分に影響する貧血が発生してしまうのです。

 

じゃあ、葉酸ってどうやって摂取するの?

肉類でいえばレバー(鳥、豚、牛)。お野菜でいえばほうれん草。穀類でいえば手軽な納豆。等、様々な食品に入っています。この中でもレバーがダントツで葉酸が含まれているのですが、レバーを食べていれば良いというわけではありません。何事もとりすぎにはご用心。

 

最新の厚生労働省による栄養摂取の一日の葉酸の推奨量を見てみますと、18歳以降の男女は全て240ugが推奨量となっております。対して上限量というものも存在します。年齢別の表として発表されているのですが上限量には少々差があり、18歳から29歳までは男女共に900ug。30際から69歳までは1000ug。70歳以上は900ug。更に加えて妊婦さんの場合にはその年齢の必要量からプラス240ugが推奨量となっています。

 

つまりレバーでは800〜1300ug程度、ほうれん草では200ug程度、納豆では120ug程度ですので、レバーの中でも最も高い1300ugでは厚生労働省の上限を超えていますので、摂り過ぎには注意が必要でしょう。

 

もっとも葉酸が必要な人はどんな人?ベルタ葉酸が必要な人

では葉酸というものは積極的に摂取しなければいけないものなのかというと。そうとも限りません。
ご飯をはじめ、魚、肉、飲み物、好き嫌いなく様々なものを食べてさえいれば自然と摂取できるものではあります。あのカップ麺にすら微量ですが入っているのですから。

 

しかしながら生命の営みの中で葉酸を必要とする人たちがいます。それは「妊婦さん」です。勿論、妊婦さんも自分の生命を維持するために葉酸を必要としますが、前述の通り遺伝子レベルで作用しますので、新しい生命を正確に情報として設計していくには多くの葉酸が必要となってきます。

 

特に二分脊椎の予防に効果があると科学的に実証されており、その為厚生労働省の妊婦さんの摂取推奨利用が設定されています。

 

そうといっても感情的に「私の体の中の命と私の命二人分の葉酸を摂るんだ!」と張り切っても仕方がありません。それについては次の項目で説明させていただきます。

 

葉酸はほどほどに!摂り過ぎによる危険もある

ここまでの説明ですと、命を司るいいことだらけの栄養素という感じですが、実は摂り過ぎによる危険も危惧されています。
それは葉酸過剰症と呼ばれ、呼吸困難や発熱、かゆみ等を発症。その他小腸から吸収されるはずの亜鉛が葉酸によって邪魔をされてしまう為、亜鉛の摂取が効率的にできなくなる可能性があります。

 

なんだか葉酸って目に見えないから不安!効率的な摂取方法は?

少し不安になりましたね!でも厚生労働省が推奨量というものを示してくださっているのでまずその範囲で考えておけば問題はないでしょう。あとは摂取方法ですよね。効率的な摂取方法はあるのでしょうか。

 

食べ物の中に入っている葉酸はポリグルタミン酸といい、体内での吸収にはひと作業必要な姿であり、まだ体内に吸収されやすい形とはいえません。実は厚生労働省が発表している数値は、この食材に含まれるポリグルタミン酸の量ではなく、プロテイルモノグルタミン酸(モノグルタミン酸型葉酸)の摂取量として記載されています。

 

そこで都合が良いのがベルタ葉酸サプリです。このサプリには一粒で400ugの葉酸の摂取が期待が出来、更には既に吸収されやすいモノグルタミン酸型葉酸となっている為、効率的に400ugの葉酸が戦略的に摂取していくことが期待できるのです。

 

更に妊娠中にはお手入れがしずらい美容の観点からも、サポート。ツバメの巣、黒酢もろみ、ヒアルロン酸など6種類の成分も配合。更に葉酸だけでなく、野菜21種類の成分も配合されており。命も美貌もサポートしてくれるとても便利なサプリメントです。

 

ベルタ葉酸で妊娠中の体調管理や赤ちゃんの病気を予防しよう

いかがでしたでしょうか。色々な種類の食べ物から摂取するという方法もありますが、栄養成分表は頻繁に変更があったりしますよね。しかも、吸収率の良い状態での栄養表記ではない為、なかなか計画的、戦略的には摂取できませんよね。

 

ベルタ葉酸サプリで計画的、戦略的に体調の維持や神経管閉鎖障害、二分脊椎の予防を目指しましょう。

ベルタ 葉酸 飲み方

ベルタ 葉酸 飲み方

 

ベルタ 葉酸の飲み方

ベルタ 葉酸 飲み方

葉酸サプリを飲む時期

葉酸サプリには、健康な赤ちゃんの為の妊娠中の女性が飲むサプリメントというイメージがありますが、ベルタ葉酸サプリは、妊活中から妊娠、出産を経て授乳中、子育て期、更年期までの間、ずっと良い効果を発揮し続けるサプリです。

ベルタ葉酸サプリに配合されている成分

なぜならベルタ葉酸サプリには葉酸の他にビタミン、ミネラル、カルシウム、野菜成分、美容成分が配合されているからです。
これらの成分は女性の健康維持や美しい肌や髪を維持するための成分でもあり、通常の食生活では不足しがちな成分でもあります。

毎日飲んでも安心な理由

化学的の合成された添加物が配合されているサプリの場合、体内に化学物質が蓄積される不安があり、毎日飲むのがためらわれることもありますが、ベルタ葉酸サプリは無添加なので、安心して毎日飲むことができます。

継続が効果につながるサプリ

サプリメントの効果は継続して飲むことで、徐々に身体に現れるものです。
妊活を始めた女性にも、子育て中、子育てが終わった女性にも、ベルタ葉酸サプリは効果的です。
もちろん、つわりで錠剤が飲みにくい時期にも、ストレスなく飲み込めるよう、形、大きさ、臭いが工夫されています。
どのようなライフステージにある人にとっても、毎日の食事の中で健康と美容を維持するために必要な栄養を完璧に摂取することは難しいことです。サプリメントを上手に利用して、美しく、健康な体を維持しましょう。

 

ベルタ葉酸サプリの効果的な飲み方とは?

ベルタ 葉酸 飲み方

ベルタ葉酸サプリは、特に飲み方に決まりはありませんが、さらに効果を上げるための飲み方があります。ここで、ベルタ葉酸サプリの効果をアップする飲み方のポイントをご紹介します。

 

ベルタ葉酸サプリを飲むタイミングは食間がベスト

ベルタ葉酸サプリのようなサプリメントを飲むタイミングは寝る前など、いくつかありますが、葉酸サプリの効果的な飲み方としては食間がベストです。
食事をしているときは、胃腸がかなり活発に動いています。そのタイミングでベルタ葉酸サプリを飲むと効果的に葉酸を吸収できます。

 

ベルタ葉酸サプリは3食毎の食間に飲むのがベスト

 

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種なので、体内で溶けやすいのが特徴です。
一度、ベルタ葉酸サプリを飲んでも尿によって排出されやすいので、3食毎の食間に飲むという飲み方をすると、葉酸がしっかり吸収されやすいのでおすすめです。

 

ベルタ葉酸サプリは水で飲むのがベスト

 

葉酸サプリに限らず、サプリは水で飲むのがベストです。お茶やコーヒー、紅茶などと一緒に飲むという飲み方ですと、吸収力が下がります。
水は胃を適度に刺激してくれるので、体内でベルタ葉酸サプリの成分が吸収されやすくなるのです。
また、水以外の飲み物には様々な成分が含まれているので、それがベルタ葉酸サプリの成分の吸収の妨げになります。

 

ベルタ葉酸の飲み方…いつから飲み始めるのがベスト?

 

ベルタ 葉酸 飲み方

 

葉酸が必要になる時期について

葉酸は、水溶性ビタミンのひとつで、健やかな胎児を育むために大切な栄養素のひとつです。

 

葉酸の働き

  • たんぱく質や細胞の形成に必要な核酸(DNAなど)の合成に関わる
  • 赤血球の細胞の形成をサポート

 

妊娠初期には、赤ちゃんがお母さんのお腹の中で活発な細胞分裂を行い、様々な器官を形成しています。
その時期に葉酸が不足してしまうと、細胞を活発に活動させることができなくなってしまいます。
その結果、確率としては非常に低い(分娩10,000件に6名の発症率)とはいえ、中枢神経系の器官の形成に異常が起こり、神経管閉鎖障害を発症するリスクが高まります。

 

神経管閉鎖障害について

 妊娠の4〜5週ごろにおこる先天異常で、神経管の下部に閉鎖障害が発生した場合には二分脊椎、神経管の上部で閉鎖障害が発生した場合には無脳症を発症します。

 

妊娠超初期から必要な葉酸は、妊活を始めた時に飲み始めるのが理想的

妊娠したことがわかるまでの間も、胎児の細胞分裂は行われています。
早い時期に妊娠とわからない場合もありますので妊活を始める時にいつ妊娠しても良い身体の状態にすることが健やかな赤ちゃんを育むために大切です。